暗闇のエンターテイメント

120520_1719~01.jpg
      日曜日は、東京・外苑前にある「ダイアログ・イン・ザ・ダーク(DID)」(写真)に参加してきました。




DIDとは…DIDのホームページより引用しますと…

『暗闇の中の対話。
鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、土の匂い、森の体温。水の質感。
足元の葉と葉のこすれる枯れた音、その葉を踏みつぶす感触。
仲間の声、乾杯のグラスの音。
暗闇のあたたかさ。
ダイアログ・イン・ザ・ダークは、
まっくらやみのエンターテイメントです。』

『参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、
暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。
その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、
そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。』

『世界 30か国・約110都市で開催され、2011年現在で900万人以上が体験したこのイベントは、
1989年にドイツで、哲学博士アンドレアス・ハイネッケの発案によって生まれました。
1999年以降はボランティアの手によって日本でも毎年開催され、約6万人が体験しています。』

…という内容のものです。



イベントは…初対面の8人グループで行動します。  最初に自分に合った白杖を選びます……とはいえ、杖があっても…暗闇の中は不安でした。




真っ暗な中…ブランコに乗ったり…橋を渡ったり…みんなでキャッチボールをしたり…。  みんなで声を掛け合って、お互いの位置を確認しながら進みます。  声のおかげで、みんなとの距離感がわかり…空間の広がりを認識できました。




カフェに入り、僕はアップルジュースを注文。  暗闇の中で、お金のやりとりもします。  グループの8人が同じテーブルにつき、談笑しました。  




僕は、普段より饒舌になってたかもしれません。  助け合って行動したので、連帯感みたいなものが生まれてました。




とにもかくにも、視覚を遮断されると…残りの四感でなんとかしなくちゃ…って気持ちでいっぱいになります。  その結果…不思議な体験をするのですが…それは、ぜひ機会があれば皆様も参加して感じとってみてください。  …というのも、感想を書きだすと止まらなくなりそうで☆(笑)  また改めて、今回のことは書きますね。




さてさて……今日のアシスタントさんは2人♪  「ふたりエッチ」をやっていました。




それでは、また明日♪






    

プロフィール

アトリエ克だより

現在、ヤングアニマル(白泉社)で「ふたりエッチ」を連載中!

電子書籍サイトeBigComic4にて「3P(スリーパートナー)始めました!!」を連載中!!

電子雑誌ハレムHaremで「ふたりエッチAnother」が掲載中!!

PC版公式HPに『ふたりエッチの部屋』開設中!!

ヤングアニマルweb (白泉社)で「ふたりエッチ オフィシャルコーナー」公開中!

NEWS

ヤングアニマルコミックス「ふたりエッチ」81巻 白泉社/刊 が6月26日に発売します!

ビッグコミックス「3P始めました!!」2巻 小学館/刊 が6月30日に発売します!

ビッグコミックス「透明人間↑↓協定」全5巻 小学館/刊 が発売中です!

ヤンマガKC「熱いぞ!猫ヶ谷!!」Kindle版 全6巻 講談社/刊 が発売中です!

最近の日記

カテゴリ

2020年07月

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Twitter

月別アーカイブ

Amazon

リンク

サイト内検索

モバイルサイト

携帯で見る方はこちら! qrcode

このブログを登録

ブログの更新状況がわかります! (フィード登録)