たくさんのドア

120510_1549~01.jpg
      今まで生きてきて…ホントにたくさんのドアを開けてきました。  両親と暮らしたお家のドア…毎日通った学校のドア…仕事場のドア…。  デパートや本屋やファミレスのドアだって何度も開けてきました。  




ドアを開けるのには…必ず理由があります。   ショッピングだったり、食事のためだったり…誰かに会うためだったり…。




何度も同じドアを開けたこともあります。  二度と開けないドアもあります。  ときどき…懐かしくなって、また開けたくなるドアもあります。




初めてドアを開けるときは、いつもワクワクドキドキです。  ドアを閉めるときは、いつも少し寂しいです。




ドアを開けるとき…二度とそのドアを開けなくなる日がくることなんて考えません。  いつだって…そのドアは、そこにあって…なくなるなんて考えません。  ドアには鍵がかかっていて…いくらノブを回しても開かないことだってあります。  ドンドン、ドアを叩いても…どんなに泣いても…開けてもらえないドアだってあります。




無数のドアがいっぱいあります。  ただ…その無数のドアの中で、僕が「ただいま」って言ったドアはわずか。  




無数のドアがいっぱいあります。  ドアを開けて…あなたが「ただいま」と言って…誰かが「お帰りなさい」を言ってくれるドアはありますか?  




いつかきっと…あなたの…ホントの「ただいま」のドアが見つかるといいですね。  




さてさて……今日はお休みです♪  今、仕事場で仕事してますが☆  本日から「劇場版ふたりエッチ3・4」が池袋シネマ・ロサにて1週間レイトショーです。(^∀^)ノ  よろしく♪  写真は今やってる「ふたりエッチ」です。




それでは、また明日♪




作り物

120505_1621~02.jpg
      当たり前なんですが…世の中は作り物だらけです。  それが文明ですから。




僕は漫画家です。  作り物をずっと作り続けています。  「ふたりエッチ」は、正しい知識をと思って悪戦苦闘していますが…だいたいの作品は空想のウソっぱちな世界です。




いくら感動しても、それは現実ではない作り物の世界です。  作品を読んでる間は現実ですし、心に何か残るのならば…それは素晴らしいことだと思っていますが。




でも、僕はいつも作り物ばかりを作り続けて…ウソっぱちな世界を描き続けて…時々、自分の現実くらいは、作り物ではなく、ウソっぱちじゃないモノが欲しいってワガママを思ってしまいます。




もしかすると、作り物を作り続けたせいで…目の前のモノが全て作り物に見えてしまっているのかもしれません。




僕の触れるモノが全部バーチャルに思えたり…全ての人の声がマシンボイスに聴こえてきたり…。




もし…この世から作り物が全部消えたとき、世界に何も残らなかったらどうしよう。  大切に想う人も…消えたらどうしよう。  ああ…でも…たぶん大丈夫。  そのときは僕も…消えてるだろうから。




だから…時々、作り物ではない言葉が欲しいと思ったりします。  ウソっぱちや作られたものではなく…ホントの言葉が。  でも…そんなモノはないのかもなぁ。  人はそれ自体…遺伝子の作り物だから。




さてさて……今日のアシスタントさんはふたり♪  写真の「ふたりエッチ」をやっていました。




それでは、また明日♪





人光浴

120505_1620~01.jpg
      今夜は、月が地球に大接近する「スーパームーン現象」が起こるそうです!  過去10年間でたったの3回しか起こっていないようですよ。




過去には、いつもの月よりも14%大きく見えて、明るさも30%増しだったらしいです♪  今が夜でしたら、ぜひ見てくださいよ。  明日もキレイですから、ぜひ。  月光浴っていいですよねぇ。  月のエネルギーをいっぱいもらいましょう。




きっと月も喜ぶと思いますよ。  たぶん。(笑)  人も同じだと思います…輝いてる人からは、きっといっぱいエネルギーをもらえる気がします。  たぶん(笑)  月光浴ならぬ人光浴みたいな感じですか?




ときどき、その人の光の強さに負けて…その光で出来た自分の影に怯えることはあっても…。




今夜の月光は強いです。  負けないぞって気持ちで月の光を浴びれば…元気になるかもしれません。  ごめん、保証はできないけど。(笑)




満月の夜って…なんだか静かな気がします。  地球上のものが静かに月の光を浴びてる気がするんですよね。  不思議ですねぇ。  今夜のスーパームーン…僕は外に出て浴びてきました。  たぶん、深夜になればもっとキレイですね。  見てると…優しい気持ちになれそう。    




月の引力に…負けない気持ちが欲しいです。




さてさて……今日のアシスタントさんはひとり♪  写真の「ふたりエッチ」をやっていました。




それでは、また明日♪




明日も…月にかわってお仕事よ♪  うわ…はずした…。(≧ε≦)




右か左

120428_1658~01.jpg
      進む道を決めるとき、右か左か悩むことってありますよね。  その時、どちらを選ぶか…その基準自体に悩んだりします。




服を選ぶときも、靴を選ぶときも…悩む要素はいろいろです。  値段、カタチ、色…。  何を選ぶ基準にするかで悩みますよね。




ふたつにひとつ…右か左。  そういうときに、たまに天秤にかけたりします。  いろんな天秤に。  以前も、天秤の話はしましたが。




どちらが苦しくないか。  どちらが嬉しいか。  どちらがシアワセか。  どちらが楽か。  どちらが優しいか。  どちらが悲しいか。  どちらが好きか。  どちらが自分らしいか。  恋愛の話ではないですよ。(≧ε≦)




無意識にでも、人は右か左を決めるとき天秤にかけたりします。  でも、ひとつの天秤では決められなくて…いくつもの天秤にかけたり。  そのうち、何を計りたいのかわからなくなったり。  




何かを決めるときは、必ずしも天秤で決められるわけではないですよね。  右か左を選ぶだけではすまないこともあります。  もっと複雑で…もっと選択肢はあって…。  人生を選択するのは…難しいですね。  よく見ると、右でも左でもない真っ直ぐな道があったりするものです。




さてさて……今日のアシスタントさんは5人♪  写真の「ふたりエッチ」をやっていました。  今日はアシスタントさんにTwitterの壁紙を変えてもらいました。




それでは、また明日♪




今夜はこれから変わった交流会に参加してきます。  行ってきまぁす!(^o^)/




走馬灯

120428_1656~01.jpg
      「走馬灯」。  走馬灯とは、内側と外側に二重の枠があって、影絵が回りなから映る灯籠のことです。  回り灯籠ともいいます。




でも、どちらかというと…人間が死ぬ瞬間に体験するといわれる、一生の記憶のリピート現象で使われることが多いかもしれませんね。  走馬灯は、臨死体験をした人が見たと語る神秘体験です。




ふと、どうして人は死ぬ瞬間に「走馬灯」をみるのだろうか…って考えました。  もちろん、「走馬灯現象」の真偽は置いといて。  まず…走馬灯を見せているのは「脳」のはずです。  脳は、死ぬ瞬間に「走馬灯」という作業をするんだとしたら…。  それは、もしかすると…脳は生きよう努力してるんじゃないかと思います。




死が近づくと、脳は高速で肉体が助かる道を模索するのかもしれません。  脳は記憶を探ります。  肉体の助かる道が、人生の記憶という思い出の中に隠されていないか…。  そこに、生き残るヒントが隠されていないか…。  脳は「走馬灯」を見せて、生きる道を探してるんじゃないかと思うんです。




どんなに生きることを諦めた人も…死ぬ瞬間は…脳は生きることを諦めてはいないんじゃないだろうか…。  最期まで脳は…「生きて!生きて!」…って、自分に叫んでいるんじゃないだろうか…。




それって…恋愛にも、同じことが起こるときがあります。  恋人との別れがくるとき、脳は高速でふたりがシアワセになる道を模索します。  別れたくないから、助かる方法を模索するんです。  脳は記憶を探ります。  この恋が助かる道が、記憶という思い出の中に隠されていないか。  




あの人の笑った顔。  一緒に食べた料理。  つないだ手。  キス。  手をふるあの人。  ぬくもり。




恋愛に限らず…どんなときもあきらめず、全力で助かる道を模索してください。  助かるヒントが…どこかにあるかもしれないのだから。  きっと…あなたの脳はあなたにずっと「生きて!」って叫んでいます。




さてさて…今日はアシスタントさんのいない日でした。  明日からはまたアシスタントさんが入ります。o(^-^)o  写真は今やってる「ふたりエッチ」です♪




それでは、また明日♪





「家」

120422_1149~03.jpg
      よくドラマで、不良少年が『こんな家、出てってやる!』って言って飛び出して…なんやかんやあって結局、家に戻り…ああ、やっぱり家族っていいもんだなぁ…という展開。  実は…正直…苦手です。(>_<)(笑)




飛び出した不良少年の心の奥に…ホントは自分が飛び出しても、誰かが待っててくれて、家はなくならないって…ちゃんとわかってたんじゃないかなぁって思うんです。  意地悪ですが…。




もし勢いで飛び出して…帰ってきても、そこに家がなかったら…。  帰れる家がなくなっていたら…。  きっとその時、飛び出したことを後悔すると思います。




お仕事も、そうですね。  ああ、こんな仕事やめたいって思って…実際にお仕事がなくなったら…後悔するかもしれません。




でも、飛び出したいとか…やめたい…と思う動機や原因はあります。  人生必ずしも思い通りにはいきませんから……。




あなたにとって…「家」はなんですか?  戻りたい家はありますか?  それとも…本気で家を飛び出しても、手に入れたいものはありますか?   




欲しいのは…ただキミの『お帰りなさい』だけです。




さてさて……今日のアシスタントさんは3人♪  写真は、昨日バイク便に渡した「ふたりエッチ」の原稿です。




そういえば、今日は「コミックキューガール No.1」の発売日です。  読み切りを描いています♪  興味のあるかたは是非☆




それでは、また明日♪


■人間像■

120422_1149~01.jpg
      ガシャーン!  せっかく作ったあの人そっくりのフィギュアを壊してしまいました。  そういうことってありますよね?(いや、ねーよ!)  例え話です、例え話。




恋愛や人間関係では、相手と付き合っていくと…頭の中にその人の人間像が出来上がっていきます。  会話をしたり、一緒の時間を過ごしていると…だんだん相手の人間像(フィギュア)が出来上がりますよね。




きっと、僕の人間像も…みんなの中にそれぞれあるんだと思います。  僕は、誰の前でもそんなに変わんないタイプだと思っていますが…それでも、たぶん人によって印象は違うんだろうなぁ。  「ええ?そんな風に悪く見られてたの?」とか…「ええ?おれそんなにいい人じゃないよ。」…とか。  見られかたはいろいろかも。




特に、親がえがく僕の人間像は…小学生の頃のままな気がします。  好きだったあのコも…別れたときの人間像のまま。  変わらない姿で、いつまでも心の中にあったりしますよね。




でも、それは勝手な人間像。  時と共に人は変わってゆきます。  すべては思い出の中にだけ存在するフィギュア。




また、相手に勝手な理想やイメージをいだいてしまうと…その人のホントの人間像からかけ離れてしまい…真実を知ったとき、そのギャップに苦しむかもしれません。




真実のあの人より…僕の作ったあの人に似せたフィギュアのほうが素敵なら、このまま想い出の中で生きていこうか…とか。  壊れてしまったあの人そっくりのフィギュアを直そうとしても…どうしても…あの人の顔が思い出せなくて…とか。




その人に向き合う勇気があるのなら…もう一度、その人のフィギュアを一から作っていくのはどうでしょう。  今度は、しっかり…その人と一緒に。




さてさて……今日のアシスタントさんは4人♪  写真の「ふたりエッチ」をやっていました。




それでは、また明日♪




無価値感

120422_1148~01.jpg
      現在、そろそろ新しい連載を始めようと思って、いろいろ画策中です。  お仕事は「ふたりエッチ」があるので、なにもそんなに頑張らなくてもいいのですが…。  つい、性格的に…。  




頑張り過ぎる人は…他人に必要とされたいという気持ちが強いのかもしれません。  どうしても、他人のニーズに応えようとし過ぎてしまいます。  




「無価値感の心理」というものが心理学にはあります。   頑張らないと、他人に認めてもらえない…必要とされない…頑張らないと自分には価値がないんじゃないかという感情…それが、無価値感です。  




人は誰しも「愛されたい」と思います。  でも、何か努力しないと愛されないという思いが、強迫観念のようになっちゃうと…それで本当に欲しかった愛情を得られるのかどうかはわかりません。




愛されるための行為が…ただの「犠牲」になってしまい、心は満たされない状態のまま…「これだけやっても愛されないなら、もう自分は愛されることなんてないんじゃないか。」って自分を追いつめてしまいます。




自分の愛する人から大切にされ、愛されるために…本当に大事なことってなんでしょうね。  ただ…人の価値は他人が全て決めるものではないと思います。  自分の価値は…自分が決めてもいいと思ったりしますが…。




うーん…そういう話がしたかったわけではないんだけど。  話が脱線したまま突き進んでしまった。(^_^;)(笑)




さてさて…今日はアシスタントさんのいない日♪  午前中は、写真の「ふたりエッチ」のカラーをやっていました。




それでは、また明日♪




生まれ変わっても?

120411_1350~02.jpg
      夫婦のアンケートに…「あなたは生まれ変わったとしたら、今のパートナーを選びますか?」というのがあります。(「いい夫婦の日」をすすめる会『2009年度いい夫婦の日』アンケート調査)




その結果…「もちろん今の相手を選ぶ」男性:54% 女性:28%(50代夫婦)  妻が低くて、夫が高いですね。  たった一度の人生で…「生まれ変わっても」もう一度その人と一緒になりたいと思う男性が多いのは…すごく奥さんを愛しているからなのか…もしくは、奥さんに家政婦的な意味で甘えきっているからなのか?  意地悪な言い方でしたね。  スミマセン。(^_^;)




しかし、生まれ変わっても…70億人の中から、ホントにパートナーの生まれ変わりを探せるのかという問題があります。  




それは、70億人という数の問題ではありません。  個体のもつ個性の問題です。  同じ魂が生まれ変わっても…顔も、生まれた環境も、人生も違うなら、同じ人間になるわけがないからです。  それなのに、同じ魂を持つパートナーを発見できるとは思えませんよね。  運命とかぬきにして。




発達心理学に、「双子研究」というのがあります。  同じ遺伝子を持つ一卵性でも…違う環境で育つと違う性質を持つ…それは、人の行動は遺伝子のみで決定されないからです。  それは、同じ魂を持っていても…生まれ変わって、環境が違えば同じ人にならないというのと同じです。




人生は、逆戻りすることは不可能です。  一生、進み続けて…人は変わり続けます。  発達心理学ではこれを「エイジング」というそうです。  10年前の自分と10年後の自分すら、別の人なのかもしれませんね。




生まれ変わっても、同じあの人には出会えません。  10年前でも10年後でも…同じあの人には出会えません。  それでも…もしあの人と、違う人生で出会えていたら…また違った出会いがあったのだろうか…そんな風にも思ったりしますよね。 今の時代のあの人を大切にしてあげてください。




さてさて…今日はネームの日で、打ち合わせとかをやっていました。  写真は今日、担当編集さんに渡した「ふたりエッチ」のネームです。




それでは、また明日♪





脳の未来志向

120411_1350~01.jpg
      人間が、未来志向で物事を考えられるのは…前頭葉のおかげのようです。  前頭葉の特徴的な働きは、やる気や思考や創造性などらしいですね。




 前頭葉は…未来に向けて行動をするための司令塔です。  前頭葉は、未来を見据えて行動する能力を持ってます。  




それとは別に、14日の毎日新聞によると…脳内の「不安の源」と言える場所が、思考をつかさどる前頭葉にあることを、米大のチームが突き止めたと書いてありました。  以前は、海馬にあると読んだことがあった気がしますが★




記事には、『不安を強く感じる人は「不快な刺激」を過大評価するため、うつな人は「報酬」を過小評価するために、いずれも不快な刺激を拒否する割合が高いことが分かっている。』…とあります。  僕は、完璧に不安を強く感じるタイプですね。(^_^;)




人は…不安を感じることで、危険から身を守っています。  不安は未来に起こりうる危険を回避するための防衛機能です。  過ぎたる不安は厄介ですが…。




それを考えると、未来に向けて行動するための前頭葉に…不安を司る部分があるのは納得ですよね。





さてさて……今日のアシスタントさんはふたり♪  写真の「ふたりエッチ」をやっていました。




それでは、また明日♪




そろそろ新しいお仕事を始めなきゃ★  それはそれで不安だなぁ。(>Σ<)(笑)





    

プロフィール

アトリエ克だより

現在、ヤングアニマル(白泉社)で「ふたりエッチ」を連載中!

電子書籍サイトeBigComic4にて「3P(スリーパートナー)始めました!!」を連載中!!

電子雑誌ハレムHaremで「ふたりエッチAnother」が掲載中!!

PC版公式HPに『ふたりエッチの部屋』開設中!!

ヤングアニマルweb (白泉社)で「ふたりエッチ オフィシャルコーナー」公開中!

NEWS

ヤングアニマルコミックス「ふたりエッチ」77巻 白泉社/刊 が12月26日に発売します!

ビッグコミックス「透明人間↑↓協定」全5巻 小学館/刊 が発売中です!

ヤンマガKC「熱いぞ!猫ヶ谷!!」Kindle版 全6巻 講談社/刊 が発売中です!

新作OVA「ふたりエッチ」全3巻&DVD-BOXが発売中!

映画版「ふたりエッチ」(全4作)(主演:森下悠里) レンタル&DVD発売中!

ドラマ版「ふたりエッチ」(主演:七海なな) レンタル&DVD発売中!

最近の日記

カテゴリ

2018年12月

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Twitter

月別アーカイブ

Amazon

リンク

サイト内検索

モバイルサイト

携帯で見る方はこちら! qrcode

このブログを登録

ブログの更新状況がわかります! (フィード登録)